財布 ルイヴィトン


財布 ルイヴィトン 【ニューヨーク13日(日本時間14日)発】ヤンキースの田中将大投手(25)が15日(同16日)に本拠地ヤンキー・スタジアムで行われるカブス戦に向けた取材に応じ、「抑えられるように頑張る」と力を込めた。
田中はここまで2試合に先発して1勝0敗、防御率3・21。メジャーで先発投手の基準となる6回以上を投げ自責点3以下で抑えるクオリティースタート(QS)を2戦続けてクリアした。過去2試合との違いを聞かれるとこう話した。
「それはないとダメだと思いますね。1戦目、2戦目は敵地の開幕戦だったり、本拠地で初めて投げるという、少し特別なところもあったが、次の登板はそういうのもない。結果として出さなければ、そういうふう(批判的)に見られてもしょうがないと思うので、抑えていけるように頑張ります」
どんな投球が念頭にあるのか。田中は「登板全体の評価としたら(2試合とも)7回3失点で役割を果たしたんじゃないかといわれるが、序盤、先に点を与えてしまっている。一個一個、内容を掘り返していけば、全然良くない部分は多い。そういったところを良くしていかなければと思います」と話した。QSを2試合続けてクリアしたとはいえ、2戦とも序盤で失点したことが不満なのだ。
もっとも、手応えも感じている。試合中、相手に合わせて投球スタイルを変えていける自信をこの2試合で確かなものにしたのだ。田中は「いくら映像を見てスプリットがどうとか頭に入れていても、対戦を繰り返すうちに進んでいく(変わっていく)ものだと思うし、今自分が投げているボールも全然良くないというのもある。研究されてようがされてまいが、そんなことはどっちでもいい。日本にいたときも気にして投げてない。今までの自分のいい形で投げることも大事だし、そこから自分が相手に合わせて、打たれないように投げていくことが大事かなと」と明かした。 3度目の先発となるカブス戦は地元ファンの前で勝利をつかむ。


関連項目:
財布 ブランド 激安
ヴィトン アウトレット
財布 ヴィトン
財布 ブランド 激安
ヴィトン マネークリップ
ヴィトン 手帳