激安ブランド通販


激安ブランド通販 どこまで可能性が広がるのか。競泳男子の“怪物”萩野公介(19=東洋大)に、前人未到の9冠指令が出された。
萩野は日本選手権最終日(13日、東京辰巳国際水泳場)の200メートル背泳ぎで入江陵介(24=イトマン東進)に敗れ2位。昨年は史上初の5冠を成し遂げたが、今年は4冠で大会を終えた。それでも1分54秒23のタイムは昨年の世界選手権に当てはめれば銀メダル以上の好記録。日本記録を2種目で更新するなど大会を通じて手応えをつかんだ萩野は「中身としては去年より満足できる」と充実した表情だ。
伸びしろも十分の若きエースに日本水泳連盟がかける期待は大きい。6月には同じ会場でジャパンオープン(JO)が行われるが、今度は日本選手権で出場していない200メートルバタフライへの挑戦が浮上。上野広治競泳委員長(54)は「200メートルバタフライをJOで参考タイムとしてチャレンジしていく。フェルプスでいくのか、ロクテでいくのか。200バタで(世界と)金争いしてみたい。そういう道も出てくる」と話した。
萩野の得意種目は個人メドレー、自由形、背泳ぎ。いわば、ロンドン五輪2冠のライアン・ロクテ(29=米国)のようなタイプだ。しかし、最近はバタフライの実力が急上昇しており、自由形、バタフライを中心に北京五輪8冠の“水の怪物”マイケル・フェルプス(28=米国)を目指すという道も開ける。
上野委員長は「理想はどちらとも言わず、両方になれること。フェルプスは16種目中8種目で金メダルを取った。萩野は9個を目指してくれれば」。2016年リオ五輪へ、萩野はただひとり、異次元の道を歩む。


関連項目:
ヴィトン 偽物
ヴィトン エピ 財布
銀座 ルイヴィトン
偽物ブランド財布
ヴィトン 財布
ヴィトン 長財布 メンズ