偽物ブランド財布


偽物ブランド財布 今週の中山メーンは、先週の桜花賞に続く春のクラシック第2弾、皐月賞(20日、GI、芝2000メートル)。有力馬が五指に余るほどで、史上まれに見る大混戦だ。
イスラボニータ(美浦・栗田博憲厩舎、牡)はメンバー中、唯一の重賞2勝馬。中山コースというより右回り自体が初めてだが、もともと器用さのある脚質で問題はない。中間の調整は入念で、馬体の張りも文句なしだ。開業35年目の栗田博憲調教師にとっては、悲願のクラシック初制覇がかかっている。
フジテレビ賞スプリングSの勝ち馬ロサギガンティア(美浦・藤沢和雄厩舎、牡)は、530キロ近い大型馬の割には器用さがあり、皐月賞向きのレース巧者。パワーを要求される馬場に対応できるのも強みといえる。イスラボニータと同じ、フジキセキ産駒の関東馬。こちら藤沢和雄調教師にとっては、牡馬クラシック初制覇がかかっている。
同じくトライアルの弥生賞を勝ったトゥザワールド(栗東・池江泰寿厩舎、牡)も注目の的。前走は早めに抜け出したためにゴール前で詰め寄られたが、一瞬の脚は混戦必至の本番で大きな武器になる。騎乗する川田将雅騎手は桜花賞をハープスターで制しており、牡牝クラシック総なめの可能性も十分あるだけに、期待は膨らむばかりだ。
トゥザワールドの僚馬トーセンスターダム(牡)は、無傷の3連勝中。セレクトセールで2億5000万円(税抜き)の高値がついた良血馬が、期待通りのエリートロードを歩んできた。父ディープインパクトの主戦でもあった武豊騎手とのコンビも魅力。父に続く無敗での皐月賞制覇を狙う。
2歳王者アジアエクスプレス(美浦・手塚貴久厩舎、牡)も争覇圏内。前走のフジテレビ賞スプリングS(2着)は大型馬の休み明けとあって反応が遅れたが、最後はグイグイと詰め寄った。連勝は止まったが、前走の内容を見る限り距離延長は問題ない。ひと叩きされた状態面に加えて、戸崎圭太騎手も2戦連続の騎乗。人馬のコミュニケーションという点でも上積みが見込める。
あすなろ賞、若葉Sと連勝中で、複勝率100%のアドマイヤデウス(栗東・橋田満厩舎、牡)は、ここに来て決め脚に迫力が出てきた。上昇度は侮れない。中山芝2000メートルにこだわってローテーションを組んできたキングズオブザサン(栗東・荒川義之厩舎、牡)は、キャリアを生かして上位進出を狙う。末脚勝負にかけるワンアンドオンリー(栗東・橋口弘次郎厩舎、牡)は横山典弘騎手と3度目のコンビ。弥生賞ハナ差2着の実績からも大きな差は感じられない。また、牝馬として66年ぶりのVを狙うフラワーC勝ち馬のバウンスシャッセ(美浦・藤沢和雄厩舎、牝)、堅実さが光るウインフルブルーム(栗東・宮本博厩舎、牡)、舌を縛って変わり身を図るベルキャニオン(美浦・堀宣行厩舎、牡)など伏兵陣も多士済々。バンドワゴンの戦線離脱は残念だが、それでも大いに見応えのある戦いが繰り広げられそうだ。


関連項目:
ヴィトン 財布 人気
vuitton バッグ
vuitton 財布
vuitton 財布
財布 激安
ヴィトン エピ