ヴィトン ポーチ


ヴィトン ポーチ シュートの少なさは相変わらずで、いつも終盤に見せる追い込み戦略をゲーム中盤の時間帯に使っておけばいいはずなんだけど、未だ新たなチャレンジが出来ずにいる。
前節、神戸に抑え込まれたように今回もその戦略は失敗に終わり、また完封された。
当たり前だが結果に表れない策はもはや戦略でも何でもなく、
「これさえあれば何とかなるはず」という拠り所に頼った自信は慢心に変わり、いずれ悩みや葛藤を生む。
例えば、悩みから生まれた微妙な判断は相手に隙を与え、ミスに繋がり、それが連鎖する。
中盤の構成は大宮フットボールの心臓。そこの組み合わせが毎試合変わる。これも作戦?
いや、苦しんでいるんだ。
昨シーズンまでのエースFWを交換する格好になった相手とのゲーム。
注目すべきは、というより否が応でもラドンチッチとノヴァコヴィッチがもたらす結果はこの対戦の話題になってくる。
プロだからこその刺激と重圧、僅かな焦り。
プロだから様々な対象と比較されながら結果を出す。
プロだから何に対して打ち勝たなければならないか、承知の上でピッチに立つ。
そこで結果を出してこそのエース。
理由はどうあれラドンチッチはベンチスタート。意地でもエースに仕立て上げたい衝動にかられる。
ノヴァコヴィッチは大宮サイドに挨拶。相手のエースは感謝や愛を返す余裕も持ち合わせている。
大宮にとって日本平は鬼門。勝てない場所があってはマズイし、勝つ為に乗り越えるモチベーションにしなくては。
レアンドロのいる柏戦には引き分けたものの、下平匠が先発した横浜戦を落とし、ナビスコカップの浦和戦で青木拓矢、神戸戦でペドロ・ジュニオール、今回はノヴァコヴィッチにゴールを許す。というか、奪われた。いずれも大宮を突き落としにかかるゴール。
よくもまあ、立て続けに不要な恩返しをされるもんだ。お前らはもっと俺を上手く使えば良かったんだと言わんばかりに。
出て行ったというだけで応援よりも気迫のこもったブーイングを浴びせる気持ち分からなくもない。
でもブーイングって本来、上から目線で見られる状況でやってこそ効果があるんじゃないの?
出て行った選手は生活する為に出て行く理由があり、古巣というだけでそんな表向きに取り繕ったブーイングを上回るプロ意識で結果を出すために躍起になる。
いつもなんとなく下位にいるけど降格はしない。
ゴール裏にも家族連れが多いし楽しそうでいいじゃん。
俺は、アタシは、そんな大宮が好きなんです。
そんなアットホーム感はフリだけ。よくよく見まわしてみれば涙の跡があちこちに。
情けや付き合いで心底好きになれるクラブなんて、あるわけないんだよ。
出て行った選手に未練?いやいや。
ホントはみんな、去年の今頃のような惚れ惚れするような大宮が好きなんだ。
突き落とされ始める、その時がやってきた。
でも何をやっても上手くいかないレベルにまで落ち込んじゃいない。
完成していないチームがここで踏みとどまるには、いいプレーなんかじゃなくって結果が必要。
後押ししか出来ない俺らファンに出来るのは、
理由のいらない愛を示し、大宮っていう響きにさらに強い誇りを持つことなんじゃないかな。
文/大宮サポレポ 大野孝之
ツイッターで「サポレポ」をフォロー! @SapoRepo 大宮レポーターのツイッターはこちら @OmiyaTakabo
今シーズンのサポレポPodcast、第5回の視聴はこちらから!
ダウンロード:http://bit.ly/1qiUfrC
ストリーミング:http://bit.ly/1lHt8X7
(C)Goal.com


関連項目:
ヴィトン タイガ 財布
ヴィトン 財布 メンズ
ヴィトン 財布 新作
激安財布
ヴィトン ダミエ
ヴィトン アクセサリー