ヴィトン タイガ 財布


ヴィトン タイガ 財布 テレビの出演者枠のうち、すっかり「映画枠」を勝ち取ったタレントのLiLiCo(43)。父がスウェーデン人で母が日本人のハーフ。テレビのレギュラーコメンテーターとして幅広く活躍する一方、映画イベントにも欠かせない存在になりつつある。
映画イベントの進行役は、映画コメンテーターや映画パーソナリティーが仕事を分け合っているが、「LiLiCoさんはすっかりタレントですから、進行役というよりも出演側として来てもらうことが多いですね」と映画宣伝会社スタッフ。「ギャラも、仕切り側価格の延長線でお願いしています」とちゃっかりした感じで舌を出す。
所属事務所社長が頻繁に現場に顔を出し、低姿勢の売り込みも欠かさない。売れなかった時代、必死な売り込みを受けた、というテレビ関係者の話。
「いきなり受付から内線電話が来るんです。とにかくタレントのプロフィールを見てください、と。何度か来社していたんでしょうね、あまり私も席にはいないから。必死さにほだされて顔を出したら本人だったわけです。うまくハマる仕事がなかったので、それっきりでしたけど、あの姿勢は“ザ・芸能人志望”という感じでしたね」
苦節ウン年を経て売れっ子の道をつかんだが、核になっているのはもちろん、映画だ。
「だけど…」と、その裏側を明かすのは古くからの芸能プロダクション関係者だ。
「彼女といろいろ話をしたことはありましたが、映画が大好きという話はあんまり…。ただ、売れることに対してはがむしゃらで、そのひとつのアイテムとして映画が引っかかったのではないでしょうか」
売れるために「ヘアヌード写真集」にも挑戦したことも。その過去も隠さないあっけらかんとした性格で敵を作らない。
すべての原稿は自分で書く。「日本語は苦手だけど、それを間違えるのも私の個性。恥ずかしいことではない、というのが彼女の主張でした」と当時を知る関係者。
芸能人と故郷のスウェーデン旅行を企画したり、自宅パーティーを開いたりして業界に知人を増やしている。まさにロングラン拡大ロードショーだ。


関連項目:
ヴィトン 長財布
ヴィトン 新作 財布
激安ブランド財布通販
ヴィトン 小銭入れ
ヴィトン アルマ
激安ブランド財布