ヴィトン コピー


ヴィトン コピー アパルトヘイト撤廃を訴え、国家反逆罪で27年もの間、獄中に閉じ込められていたネルソン・マンデラはいかにして釈放されたのか? これまで語られなかった知られざれるドラマに迫ったドキュメンタリー『ネルソン・マンデラ釈放の真実』が公開されている。マンデラ解放作戦のカギを握った人物ジャン=イヴ・オリヴィエはいかにして難題を解決したのか? カルロス・アウヨ監督と共に話を聞いた。

その他の写真

かつて南アフリカでは白人による不条理な差別、弾圧、隔離が行われていた。1980年代に入ると非白人による反対闘争は激化し、周囲の国々は南アを非難して経済制裁を実施。南アフリカは国際社会で孤立していた。そんなある日、南アフリカとは何の縁もないフランス人、ジャン=イヴ・オリヴィエがビジネスのために当地を訪れた。「初めて南アフリカに行った時に感じたのは“デジャヴ”の感覚でした。自分が育ったアルジェリアと似ていたからです」。彼が育ったアルジェリアは1960年代にフランスからの独立をかけて激しい戦争が起こり、オリヴィエは母国を脱出していた。「南アフリカもアルジェリアと同じようにふたつのコミュニティが紛争をしていたのです。かつてアルジェリアではひとつのコミュニティが完全に消滅しました。私は同じようになってほしくない、と思ったのです」。
穀物や石油の取引などで財をなしていたオリヴィエは、自腹をきって南アフリカの和平に向けて動き始める。映画はこれまで語られてこなかったオリヴィエの行動と、彼が集めた協力者たちが力を合わせて行ったマンデラ釈放のための作戦の行方を描いていく。アウヨ監督は「地域の平和が最終的にアパルトヘイトの廃絶につながりました。私はこの事実の最前線で起きていたことを、若い世代に伝えたかった。だからエンターテインメント性のある映画にしたいと思いましたし、個人の視点から物語を語ることが最善の策だと思いました」。
監督が語る通り、本作はエンターテインメント性に満ちている。オリヴィエは自腹でジェット機をチャーターし、個人的なコネクションを駆使して要人と面会。粘り強く交渉を重ねて、様々な作戦を立案し、実行に移す。東西冷戦下、戦争状態にある国々を行き来し、次々に発生するトラブルを乗り越えていくオリヴィエは“銃をもたないジェームズ・ボンド”のようだ。「私は自分がボンドだなんて思ったことはないですよ」と笑顔を見せるオリヴィエは「最初、この目論見が成功するか失敗するか、誰も予測できなかった。リスキーだとも自覚していました」と言い、アウヨ監督は「オリヴィエさんは難しいといって諦めても良かったのですが、彼はチャレンジした。私は若い人に“行動する人”になってほしいし、貢献の方法は人それぞれだけど、彼らの気持ちを刺激するような映画を作りたかった」と説明する。
現在も様々な和平活動を続けているオリヴィエは、国際紛争や差別、民族間の遺恨など、長年解決しない多くの国際問題は「コミュニケーションがうまくいっていない」ことが原因だと分析する。「この計画で最も重要だったのは、これだけの要人がひとつの計画に参加し、同じ方向に進んだことです。私ひとりでは何もできなかったでしょう。もちろん、彼らも最初から心を開いてくれたわけではありません。それぞれが自分の立場の中で迷いもあったと思います。当時は冷戦下でしたから、対立する派閥とはコミュニケーションが進まなかった。だから私は彼らが話し合うことのできる状態を作り出すことが重要だと思ったのです」。
ちなみにアウヨ監督は現在、このエピソードを基にしたフィクション映画の準備を進めているという。「現在、共同プロデューサーと話し合いを進めています。“銃を持たないジェームズ・ボンド”というアイデアはとても良いので借りてもいいですか?」
『ネルソン・マンデラ釈放の真実』
公開中


関連項目:
ヴィトン財布激安
激安ブランド市場
ヴィトン 長財布 激安
ヴィトン 財布 メンズ
ヴィトン ピアス
ヴィトン トートバッグ